menu

社会福祉法人太陽会 あおぞら保育園

保育内容CHILDCARE

園の1日

保育内容については、ご家庭と連携をとり、その日の体調や状況に応じて、個別に対応していきます。
乳児や1歳前半までのお子様については未熟で個人差もあり、病気に対する抵抗力も弱いので、一人ひとりの生活(ミルク・離乳食・昼寝・排泄・遊び)を考慮して保育にあたり、新入園児については、ご家庭での生活から少しずつ保育園の生活リズムに慣れるようにしています。

いちごぐみ(0歳児)

いちごぐみ(0歳児)
  • よく遊び、よく食べ、よく眠る子ども
7:00

登園・合同保育
健康観察

8:30

遊び・朝の会

9:30

午前寝・遊び
ミルク・離乳食

11:00

午睡準備
午睡

14:30

ミルク・午後食

15:00

遊び・夕寝
絵本

17:00

合同保育
随時降園

18:00

延長保育

19:00

閉園

さくらんぼぐみ(1歳児)

さくらんぼぐみ(1歳児)
  • お友だちと一緒がうれしいこども
  • 身のまわりの事に興味を持って取り組むこども
  • 音楽表現や自然遊びなどを通し、沢山体を動かす事を喜ぶこども
  • 苦手な食べ物でも食べてみようとするこども
7:00

登園・合同保育
健康観察

9:00

朝の会・おやつ・
絵本

9:30

設定保育

11:00

お弁当活動(2歳児)
昼食

12:00

絵本

12:30

午睡

15:00

おやつ

17:00

合同保育
随時降園

18:00

おやつ
延長保育

19:00

閉園

ももぐみ(2歳児)

ももぐみ(2歳児)
  • 健やかな子
  • 思いやりの心を持って関わる子
  • 楽しく意欲的に挑戦し、達成感を感じられる子
7:00

登園・合同保育
健康観察

9:00

朝の会・絵本

9:30

グループ活動
設定保育

11:30

お当番活動
昼食

12:30

絵本

13:00

午睡(徐々に短く)

15:00

おやつ

16:00

絵本・お帰りの会
遊び

17:00

合同保育
随時降園

18:00

おやつ
延長保育

19:00

閉園

給食方針

自園調理で毎日つくりたてを
自園調理で毎日つくりたてを
美味しい、ていねいな給食
離乳食から幼児食に無理なく移れるよう個別に対応します。
温かいものは温かく、冷たいものは冷たく、できたてを提供します。
栄養バランスのとれた給食
国の食事摂取基準にもとづいています。
フルーツ王国東根ならではの朝どり果物や地域の伝統野菜を積極的に使用しています。
安全で安心な給食
マニュアルに基づいた調理・衛生管理で安全です
アレルギー食は、子どもの口に入るまで見届けます。
こころと身体を育てる取り組み

連携の中の食育、地域、保育士/保育教諭、給食員、園長先生

  • 生活習慣の基礎を身につけ、お友達と意欲的に楽しく食べる子
  • おぼこ先生などあおぞら独自の取り組み、楽しい食の体験が沢山あります

「おぼこ先生」を通して食の関心を広げます

あおぞら保育園では、園児自身が「おぼこ(子ども)先生」となって0、1歳児に食材の下ごしらえを教えるなど独自の取り組みをおこなっています。
当取り組みはNPO法人「キッズエクスプレス21」(東京都)の第6回食育コンテストで最高賞を受賞しました。

山形新聞ニュースオンライン「わいわい子育て」に掲載
【『東根市「あおぞら保育園」の食育教育 お手本は”おぼこ先生”』】
あおぞら保育園